​唐木仏壇

唐木仏壇は、美しい木目を生かした、重厚な風合いが特徴です。

江戸時代から100年以上の歴史をもっています。唐木仏壇は様々な材料・工法で作られており、その違いによって値段や価値が大きく変わります。

唐木仏壇には、特に宗派による形の違いなどはありません。

素材では、桑・ケヤキ・屋久杉などの国内銘木、黒檀・紫檀・鉄刀木などの唐木銘木が主な材料です。

唐木仏壇の産地としては東京や大阪、静岡、徳島などが国内では有名な産地となっています。

​現在では海外などで多く生産されるようになってきています。