お仏壇の箔洗い

お仏壇のお洗濯

家を新築・増改築する時期などに、今までお参りをしていたお仏壇が、傷んでいたり、古くなって汚れていたりと感じる時があります。
そういったときには、そのお仏壇を、修理、洗濯するという方法があります。
金沢で作られた金沢仏壇は、伝統技法であるホゾ組で、作られているので、解体でき、洗濯することが可能です。しかし、他産地で作られた金沢型仏壇は、洗濯することができないものもありますので、お仏壇店に見積をしてもらう時にお確かめ下さい。
また、あまり長い時間お仏壇を修理・洗濯せずにお参りするよりは、20~50年を目安に定期的に、洗濯をして頂いたほうが、お仏壇の傷みも少なく、長持ちし、末永くお参りすることが出来ます。
洗濯はお仏壇の大きさや、状態、仕上げ方によって、値段が変わってきますので、金沢仏壇組合加盟店の仏壇店に相談して、見積をしてもらうと良いでしょう。
しかし、サイズや仕様により洗濯の予算に合わないお仏壇などは、買い替える事をお勧めいたします。
また、ご本尊・掛軸の表装直しや仏具の磨き上げ・メッキ仕上げ等の修理修復もできます。
    


お仏壇を求める時期

お仏壇を求める時期について、いろいろな迷信が言われています。「何も理由が無いのにお仏壇を買うと、新仏が出る」と言われる人もいますが、そういったものはまったく根拠がなく、経本にも書かれていません。お家にお仏壇を祀ることによって、「仏様やご先祖様へ感謝し、家庭の平和、心の豊かさを得るため」といった、信仰心が養われます。
仏壇に礼拝するということは、同時にご本尊に礼拝することになります。そこで、お仏壇を求める時期ですが、結婚して新世帯をもたれる時や、家を新築、増改築される時、引越しの時などは、新たな気持ちで生活が始まるので、良い機会と思われます。また、お盆、お彼岸、ご先祖の祥月命日(故人の亡くなった月日と同じ月日)、葬儀の後、法事を行った時など、ご先祖や仏教に関心が高まったときにもお求め安いと思います。
お仏壇は、こうした法要以外にも家族の心のよりどころとして必要な物です。