仏具について

仏具について

仏具はご本尊を供養するため、ご先祖を供養するための道具として大切なものです。
各宗派によって(特に浄土真宗)仏具の形、種類などが異なっています。
仏具の基本となる「香炉・花立・ローソク立て」を三具足、五具足といい、供養するための必要最低限の仏具とされています。
三具足は左に花立、真ん中に香炉、右にローソク立てを配置します。五具足は左右外側に花立を2つ、内側にローソク立てを2つ、真ん中に香炉を1つを配置します。
仏壇内を美しく飾り、明るくする道具として瓔珞と輪灯があります。浄土真宗では大谷派が丸輪灯、本願寺派が菊輪灯など違いがあります。次にご飯やお茶・お水をお供えする仏飯器、茶湯器、お菓子などをお供えする高杯、浄土真宗では供笥が床われ筍開始と終わりを知らせ、読経の調子ととるリンなどがあります。


家具調仏壇・上置仏壇

近年、マンションに合わせた家具調の仏壇や棚などの上に置く仏壇など小型の仏壇も多くなっています。
その際の仏具については必要最低限の道具を揃えます。花立、香炉、ローソク立て、仏飯器、茶湯器、リンが必要になります。宗派によっては、茶湯器は必要ありません。
上置仏壇であっても、大きさや種類によって宗派に合わせたすべての仏具を飾り付けることも可能です。
仏壇の種類や大きさなどに合わせて仏具も選ばぶことが大切です。